読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数十万人のブランケット

趣味のメモ、雑記帳。山登り、パソコン、楽器、読書。

ふるさと納税悩み中

実はまだやったことがない、ふるさと納税

なにか不自然さを感じる制度だ。お礼の品目当てに人気ランキングがあって、その訪れることもなく、なんのゆかりもないところに住民税をスライドして、自分が住んでいる自治体を裏切るという行為は一体何なんだろう。どの事業にお金を使ってくださいって指定できるのはいい制度のように一瞬感じるけど、そうすると議会はなんのためにあるんだろう。

たとえばこんな風に制度改正できないものかな?

ふるさと納税できる税額は、納税予定額の4/1くらいまで。今の制度では明らかに影響が多額すぎる。
・お礼の品は、ふるさと納税額の20%くらいの市価のものに厳しく制限。自治体ごとの裁量に任せない。
・そもそもふるさと納税の申請をしていない人は、自分の自治体のお礼の品とか何かしらバックもされる。
・人口20万人以上の自治体にはできないようにする。

でもやっぱり素人考えで、こんなことやるとデメリットも多いのかな。そうなのかな。